トップページ会社案内情報板

店舗設計の基本的考え方

《コンセプト編》

1 入り口は入りやすくなっていますか?
ポイント: 視覚的に入りやすさを重視する。ドアは業種により素材を吟味。
高級感・・・重い金属性素材。
回転率重視・・・軽く、開けやすい素材。

2 業種は明確になっていますか?
ポイント: 通行人の興味を示す店構え。
外から中の様子が見える、逆に意識的に判りにくくする。
看板によって業種がはっきり判る事。

3 外観は近隣とマッチしてバランスがとれていますか?
ポイント: 奇抜すぎると違和感を生じお客様が入りにくくなります。

4 店内の雰囲気の演出はできていますか?
ポイント: 照明・BGMで雰囲気の演出、スポットライトで効果倍増。
商品によっては自然光を採用し、店内・店外の色差トラブル防止に努める。
装飾品には高価なこだわりのある物を使用し、説明書・ポップを明記する。
若い女性をターゲット・・・明るくオシャレに白・パステルカラーを基調にする。
ファミリー客・・・広さ・明るさ・子供がいても安心できる雰囲気を演出。

5 店内の流れがスムーズになっていますか?
ポイント: お客の回転率を上げるために、レイアウトを重視する。
陳列棚の並べ方、商品の配置、ポップ、棚の高さ及び角度により見やすさを工夫する。
お客様が回遊しやすくする。

6 店舗を広く見せる工夫をしていますか?
ポイント: 店内に段差を設けたり、壁・天井を利用した壁画(空・海・山等自然画)で広大なイメージを演出。
壁に棚つけ、天井からつりかご、鏡の利用、店頭スペースの利用、ドアの開放を実施。

7 複合化など店舗の進化を考えていますか?
ポイント: 相乗効果を生む条件において検討する。
店内の一角においてテスト的に導入する。
違和感のある場合は、入り口を二箇所にする。
異業種との研究開発を実施する。

採点(7項目中)
7項目・・・優良店です!
6項目以下・・・優良店を目指してください



《予算編》

1 建築予算 万円
2 工期
3 店舗コンセプト・目的
4 目標月商 万円
5 予定集客・来店客数 人/日
6 立地条件の選定・可否
7 FC本部設立のアンケートを実施し、60点以上あれば店舗出展にチャレンジして下さい。
詳しい御相談は、お問合せにて受付いたします。

店舗活性相談所